さちばる物語

​~特別な場所で、特別なフォトウェディング~

0042.jpg
​この土地を守り、育ててきた

​ものがいる。

自然に心を委ね、身は動かし

てきた。

​この土地が持つ力を信じ抜い

てきたんだ。

この⼟地で祝福の時を迎えるあなたへ。
ここがどういうどころか、ちゃんとお話ししておきます。

ここ「さちばるの庭」の始まりは1700年代まで遡ります。
沖縄がまだ王国だった頃、王府を離れて地⽅に移った⼠族が、この場所で新しい⽣活をはじ めました。

緑深い原野に⼈の⼿が⼊ることで、私たち⼈間が植物や動物と共存する場所になりました。 それから時が流れて、1994年。⼠族の⼦孫が浜辺に茶屋を建てたとき、再びこの地に⽣命が 吹き込まれたのです。

さちばるの庭、ヴィラさちばる、浜辺の茶屋、⼭の茶屋 楽⽔、⼭の⼩屋、天空の茶屋、 AMAMIKIYO。この場所の地形、ここにもともとあった⽯積み、この地で⽣命をつないで きた⽣きものたち。この⼟地に根ざすすべてのもののつながりを、できる限りそのまま⽣か しました。

花、⿃、⾵、⽉、⽯、波、光。沖縄ならではの時間の流れに⾝を置くことで、⽣きているこ との喜びを、誰もが感じることのできる場所。それがさちばるやーどぅいです。

そして、これからここでたくさんの笑顔が⾒られる。
今あなたは⾃分を⽣きており、⼀緒に⽣きるものとここに⾜を運ぶ。
過去も現在も未来も、想いを刻んでいってください。

本来、⾃然の摂理の中で⽣きるはずの私たち。
しかし知恵の発達とともに、違う舞台で⽣きることを選択した私たち。
本当は⾃然と⼀緒だったんです。

ここに⽣きるものたちは、満⽉の夜には楽しく会話をし⾏動を起こす。
嵐の前には、天気予報よりも早く⾝を隠し始める。

mapbg.png

想いはきっと刻めます。
これからここは、想いを刻んだものの原点回帰できる場所になるはずです。

私たちはそう信じています。

相互リンク.jpg

​私たちは、株式会社さちばるの庭と共同運営を行っております。